アパート・マンション・共同住宅用 太陽光発電


一般家庭よりも広い屋根で大容量発電が期待できる アパート・マンション・共同住宅用太陽光発電。

珍しい「ソーラーパネル設置」で他物件との差別化になることはもちろん、最上階部屋の冷房費を抑えたり、余った電力を売電したりと、様々なメリットがあります。

高い年間利回りでの投資が可能であり、短期間で導入 コストが償却できます。

ひまわりランドは創業から約50年、屋根工事の実績を積み重ねてきた会社だから、設置後のメンテナンスや点検も安心。 ぜひ一度ご相談ください!



アパートやマンションは
とっても大きな屋根ですね、博士!

そう、大きな屋根のアパート・マンションと
太陽光発電はとても相性が良いのじゃ。
売電効果や補助金の利用も考えられる
からオーナーさんも大助かりじゃな。


ひまわりランドは
そんな相談も乗ってくれるんですか?

もちろんじゃ、たくさんの施工実績と
ノウハウで、補助金などの申請や、
手続きのアドバイスもしてくれるから、
ひまわりランドは人気があるんじゃよ。


メリット

アパート・マンション・共同住宅用 太陽光発電システムには様々なメリットがあります。

広い屋根で高効率発電!

一般家庭よりも広い屋根で、大出力の太陽光パネルが設置できます。これにより、kwあたりの設置費用を抑えられ、効率よく大容量の発電が可能。


自家発電で光熱費節約に

太陽発電システムで発電した電気を共用部分(階段・廊下など)の照明に使ったり、入居者に分配して集客のためのイメージアップをはかるなど、使い道はさまざま!


売電収入が得られます

使って余った電気はそのまま電力会社に売ることができ、オーナ様のご収入になります。


遮熱効果で冷房費ダウン

太陽光パネルが太陽からの直射日光を遮断し、屋根裏の暑さを抑え、最上階部屋の冷房費削減につながります。


環境活動で物件の魅力アップ 

太陽光パネルが直射日光を遮断し、夏場、室内の気温上昇を抑え、冷房費用が節約できます。


税制面での優遇措置あり

初年度に100%経費として計上することができ、効果的な節税手段とな制度が受けらります。また、諸条件を満たせば、国や自治体からの補助金が受けられます。



ページのトップへ

太陽光発電導入 3つのパターン

アパート・マンション・共同住宅へ太陽光発電システムを導入する場合、
発電電力の分配方法等により、基本的な3つの導入パターンがあります。

【パターン1】 オーナー様の自宅電源に活用

発電した電気を、全てオーナー宅で使用します。
購入する電気代を抑え、使わずに余った電力は売電し収入を得ることができます。

【パターン2】 賃貸住宅と同一敷地内のオーナー宅へ活用

発電した電気を、全て「賃貸住宅と同一敷地内のオーナー宅」で使用します。
購入する電気代を抑え、使わずに余った電力は売電し収入を得ることができます。

【パターン3】 賃貸住宅の共用電源に活用

発電した電気を賃貸物件の共用部で使用し、余った分を売電し、収入を得ることができます。
共用部の電力を物件自体が生み出すことで、環境に配慮した「エコ物件」としてイメージアップにつながります。

ページのトップへ

施工事例

「アパート・マンション・共同住宅用 太陽光発電」の施工事例をご紹介します。

浜松市 Hマンション

平成21年12月

浜松市 Iマンション

平成22年9月

袋井市 Kアパート

平成22年7月

ページのトップへ